仙腸関節の動きをよくする骨盤矯正体操

仙腸関節の動きをよくする骨盤矯正体操

仙腸関節の動きをよくするための骨盤矯正体操の紹介です。

仙腸関節のずれが骨盤の歪みの原因になるので、この骨盤矯正体操は重要といえます。

それではまず、脚を肩幅くらいに開きます。
ひざを少し折って上半身を垂直におろします。

上半身を落とした状態で、片足に重心をのせ、ひざを内側に動かします。

このひざを内側に絞る動作を、左右交互に繰り返します。
その時、上半身は動かないよう、
おへそが前を向いた状態になるように注意してください。

この骨盤矯正体操を、一日1セット20回を目安に頑張って、歪みを解消してください。