骨盤の歪みは内臓にも悪影響

骨盤の歪みは内臓にも悪影響

骨盤の歪みによって背骨まで歪んでしまうと、
椎間板から左右の臓器への自律神経のバランスまで悪くなってしまいます。

そして、内臓に大きな負担がかかってしまい代謝が悪化し、全身に様々な影響を及ぼします。

骨盤の歪みからくる肩こりや頭痛、冷え性、 下半身太りなどは骨盤が正しい位置にもどると、これらの症状は緩和されます。

骨盤の歪みが解消されると背骨がまっすぐになり、身体の代謝も良くなり、 内臓のすべてが正常になります。

特に交感神経が活性化され、今まで鈍っていた満腹神経も活性化され、 下半身の血行がよくなりダイエット効果にもつながります。

骨盤矯正によって骨盤の歪みを正し、内蔵から健康にしていきましょう