骨盤のゆがみは女性の敵?

骨盤のゆがみは女性の敵?

骨盤がゆがむと女性にとってはどんな障害になるのでしょうか?

骨盤は、呼吸に合わせて常に前後左右に動いたり、開閉したりしています。
女性の場合は、排卵があると骨盤は閉まり、生理になると開きます。

そして妊娠すると、骨盤はだんだん大きく開き、出産時には最大にとなります。

女性にとって骨盤は、開いているほうが血流が良く、ホルモンの分泌がスムーズになります。
骨盤がゆがむということは骨盤に付いている筋肉が、バランス悪く縮まっている場合がほとんどだそうです。

骨盤がゆがんでしまうと血行不良を引き起こし、立った姿勢も不自然に歪んでいます。

そして、O脚、足の冷えやむくみ、肩こりや腰痛、
女性の場合ですと生理痛などのトラブルの原因になってしまうのです。

女性にとって、骨盤のゆがみはさまざまなトラブルを引き起こします。
ですから、骨盤を矯正することはとても重要なことなのです。