骨盤の歪みと骨盤矯正

骨盤の歪みと骨盤矯正記事一覧

骨盤の歪みはどのように身体に影響するのか?

骨盤は身体の中でどのような役割をしているのでしょうか?骨盤はS字型に曲がっている人間の背骨のバランスをとっています。それによって上半身の重さを受け止めているのです。座るときには上半身の台座の役割をします。また、歩く動作の起点になっています。大腸・生殖器などを下から支えるうちわの役割もしているので、骨...

≫続きを読む

日常生活で骨盤の歪みを減らそう

骨盤はなぜ歪んでしまうのでしょうか?普段の生活を思い起こしてください。椅子に座ると脚を組んでしまう、姿勢が悪い、片側に重心をかけてしまう、片側ばかりで荷物を持ってしまう。このような癖はありませんか?日常のこんな些細な癖から、骨盤があるべき場所からずれてしまいます。骨盤がずれてしまうと、ますます姿勢が...

≫続きを読む

骨盤回しで骨盤の歪みを正す!

骨盤の歪みを解消するとてもお手軽な方法があります。それは、骨盤を回し、歪みを直し、ダイエットにも効果があるという方法です。骨盤回しの方法は、ただ骨盤をゆっくり回す運動を繰り返すだけのお手軽方法です。もちろん、骨盤の歪みが解消されるということは、ダイエットにも効果があります。まずは、両足を肩幅くらいに...

≫続きを読む

骨盤回しの効果は?

骨盤回しには、どのような効果があるのでしょうか?骨盤回しは、骨盤を回すことによって、骨盤のゆがみを矯正するという方法です。また、骨盤回しは、とてもお手軽な方法ですが、歪みはもちろん、やはりダイエット効果も期待できます。骨盤回しは、回すことによって遠心力の力を利用する方法です。骨盤がゆがんでいると、そ...

≫続きを読む

骨盤のゆがみは女性の敵?

骨盤がゆがむと女性にとってはどんな障害になるのでしょうか?骨盤は、呼吸に合わせて常に前後左右に動いたり、開閉したりしています。女性の場合は、排卵があると骨盤は閉まり、生理になると開きます。そして妊娠すると、骨盤はだんだん大きく開き、出産時には最大にとなります。女性にとって骨盤は、開いているほうが血流...

≫続きを読む

骨盤の歪みを簡単チェック

骨盤が歪んでいるかを、簡単にチェックできる方法があります。それでは、実際に骨盤に歪みがあるのかチェックしてみましょう。まず、イスに腰掛けて脚を組んでください。これを左右、両方で試してみましょう。その時、どちらか一方が組みにくかったり、きつく感じたりしませんか?また、無意識のうちに同じ方向に脚を組んで...

≫続きを読む

骨盤の歪みは内臓にも悪影響

骨盤の歪みによって背骨まで歪んでしまうと、椎間板から左右の臓器への自律神経のバランスまで悪くなってしまいます。そして、内臓に大きな負担がかかってしまい代謝が悪化し、全身に様々な影響を及ぼします。骨盤の歪みからくる肩こりや頭痛、冷え性、下半身太りなどは骨盤が正しい位置にもどると、これらの症状は緩和され...

≫続きを読む

骨盤の歪みは大腰筋の弱りから

骨盤の歪みは、神経を圧迫し代謝を低下させるため、腰痛や冷え性女性の場合生理痛などの症状の原因になります。こんな骨盤のゆがみの原因は、上半身と下半身をつなぐ唯一の筋肉である大腰筋が、運動不足などによって弱くなったためです。腰痛や肩こりなどで悩んでいる人のほとんどが、運動不足などが原因で、この大腰筋が弱...

≫続きを読む

骨盤のゆがみは2種類

骨盤の歪みには左右に歪んだ骨盤と、前後にゆがんだ骨盤と2種類あります。いつも決まったほうの肩だけが凝ったりする方は、骨盤が左右に歪んでいるのではないでしょうか?骨盤が左右にゆがむと、体が横に傾いたり、ねじれたりするので、筋肉が偏って緊張してしまい、腰痛や肩こりになってしまいます。普段、猫背の方や靴の...

≫続きを読む

骨盤の歪みをチェックする2つの方法

あなたの骨盤は歪んでいませんか?簡単に骨盤の歪みをチェックする方法を2つ紹介します。まず、後ろに傾いた骨盤をチェックします。壁に身体をぴったりくっつけて下さい。後頭部、肩甲骨、お尻、かかとのどこかが壁に付かない場合は、骨盤が前後に傾いています。例えば、すべてが壁の付いても、この姿勢を3分キープできな...

≫続きを読む

足ふみで骨盤の歪みをチェック

身体の歪みをチェックする簡単な方法を紹介します。まず目をつぶって、その場で足ふみを50回してみましょう。目を開けた時にあなたの身体は、初めの位置からどのように動いてしまいましたか?右のほうに動いてしまった方→右肩が下がっています。左のほうに動いてしまった方→左肩が下がっています。...

≫続きを読む

3パターンの方法で骨盤のゆがみをチェック

簡単な骨盤のゆがみチェック方法をいくつか紹介します片足立ちをして10秒以上、全くぐらつかずに立ってみて下さい。10秒立っていられなかった人は、骨盤がゆがんでいるでしょう。次はうつ伏せに寝てみてください。自分の腰の骨で、一番突出している所の下に手を入れます。床との隙間が左右で異なっている人は、隙間が少...

≫続きを読む