女性の産後の骨盤矯正

女性の産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正はなぜ必要なのでしょうか?
女性は出産時、赤ちゃんが産道を通りやすくするため骨盤が広がります。

骨盤が広がると下半身の血行や代謝が悪くなるため、下半身のむくみや冷えの原因になってしまいます。

また、骨盤が開いたまま放っておくと、年齢とともに下半身の静脈を圧迫し続けるので、静脈瘤ができてしまうこともあります。

そうならない為には、産後3ヶ月頃からの早めの骨盤矯正が効果的です。

骨盤矯正の方法としては整体院に通ったり、骨盤矯正用品を使ったり、骨盤矯正の体操やストレッチを行うなどがあります。

一番確実な方法は、やはり整体院などでの治療ですが、おそらく通院が必要になるかと思いますので、時間がない方はとりあえず、自宅で骨盤矯正用の器具を使ったりストレッチなどを行うといいでしょう。