骨盤に優しい座り方

骨盤に優しい座り方

骨盤は、普段の生活習慣から歪んでしまいます。

そこで、骨盤をいじめない綺麗な座り方を紹介します。

働いている人はもちろん、普段椅子に座る機会はとても多いと思います。
イスに座るときは深く腰掛け、背中を伸ばして座りましょう。

イスに浅く腰掛け、体を背もたれにあずける姿勢は、 骨盤が後に倒れた状態になりやすいです。

また、椅子に座って同じ方向にばかり脚を組んだり、 脚をからめたりするのも、骨盤を歪ませる原因になってしまいます。
床に座ったときの横座りも骨盤には良くありません。

椅子に座るときは、できるだけ椅子に深く腰掛け、背筋を伸ばしましょう。

ひざの位置は腰より低くなるように注意して下さい。
脚を組む時は、片側ばかりでなく左右交互に組みましょう。

横座りするときも左右交互にして座りましょう。

骨盤矯正には、正しい座り方も大切です。