骨盤矯正と筋肉

骨盤矯正と筋肉

骨盤は筋肉の衰え等からずれてしまいます。
それならばと筋肉を鍛えようと思っても、骨盤が歪んでしまうと、 筋肉がなかなか付きづらくなってしまいます。

骨盤が歪んでしまうと、自然と腰が寝る状態が楽になってきます。

そうなると、次は本来S字に湾供しているはずの腰の骨が、まっすぐになる方向に力が加わります。
腰骨の間を通っている神経が圧迫されてしまい、神経が通いづらくなります。

筋肉は神経の通わないところには付かないので、骨盤が歪むと筋肉が付きにくくなるのです。

こうして筋肉が弱るので楽な姿勢をとる、そのため神経が通いづらくなる、 運動をしても筋肉が付きにくいという事態になるのですね。

神経の通った正常な身体に戻すには、 骨盤を矯正しながら運動をして筋肉をつけていく、この2つ事が重要なんですね。